キャッシングと総量規制の関係性について

キャッシングは自分でも借りた経験があるのですが、その時に知った専門用語としては総量規制というものがあります。専門家ではないのですが、それでも借りる側としては知っておくと万が一の時に便利かもしれませんのでアドバイスになればと思っています。

さてこの総量規制ですが2010年あたりに新しく貸金業法で制定された項目であり簡単に言うと年収の1/3以上は借入が出来なくなるというのがメインの内容で下。また50万円以上の借入時には原則として収入証明が必要になりましたが、これら二点の目的に関しては過度な借入によるトラブルを防ぐという効果があるみたいですね。この二つをしっかりと審査条件に加えることで返済能力の状況をしっかりと把握したり縛ったりすることがなされるようになりました。

さてこれと同時に知っておきたい専門用語には総量規制対象外というものがあり、これはそのままに上二つの審査条件が無いキャッシングが存在するというものです。一般的に金利が高い消費者金融は総量規制で借り過ぎを防いで、一方でおまとめローンや銀行系ローンなどの金利が低いものは総量規制対象外となっています。当然おまとめローンや銀行系ローンはその他の審査条件が厳しいので、総量規制対象外で大金が借りれるといっても簡単にはできないあたりでバランスが取れています。