消費者金融と銀行のカードローンの違いについて

消費者金融と銀行のカードローンの違いを知っておくことはとても大事です。別にカードローンなんだからどちらでも同じだろうと考えているのであれば、それは後々大変もったいないことになってしまうこともあり得るでしょう。

さて、消費者金融と銀行のカードローンの違いは、第一に貸付の際の法律が違います。具体的には消費者金融は貸金業法になり、銀行は銀行業法になります。貸金業法の中でも特に大事になることは、総量規制になります。総量規制とは年収の1/3以上の借り入れを禁じた法律で、消費者金融では年収の1/3以上の金額を借りることはできません。また結果的に専業主婦の方が消費者金融で借り入れすることもできないのです。

一方、銀行業法はそういった縛りはありませんので、年収の1/3以上の借り入れもできますし、専業主婦の方が審査を受けて通過する可能性もあります。さらに基本的に銀行のカードローンは金利が低いこともよくあり、メリットを多く感じる方も多いでしょう。とはいえ消費者金融には無利息期間を設けていたり即日融資が可能だったり、他の部分にメリットがあります。

どちらが必ずしも優れているとは断言できませんので、各自メリットを感じる方の審査を受けるべきでしょう。