銀行カードローンは低い金利であることが魅力

銀行カードローンは、別のカードローンと比べて低い金利であることが魅力です。というのは、銀行カードローンでは、大きめに融資限度額がなっているためです。

利息制限法によって金利は決められます。利息制限法においては、金利の制限が10万円までの融資限度額の場合は20%、100万円までの融資限度額の場合は18%、これ以上の融資限度額の場合は15%になっています。

また、銀行カードローンの場合には審査があり、別のカードローンよりも厳しめの審査にすることによって、融資を返せない人へ行わないようにしています。そのため、債権が回収できないリスクがあまりなく、金利が低いということで還元が利用する人にされています。 カードローンの場合は、保証人・担保が必要なく借入ができるため、利用が手軽にできます。このことは、銀行カードローンでも消費者金融のカードローンでも同じです。

しかし、銀行カードローンの場合は、消費者金融のカードローンと違って、条件として保証を保証会社で受けることがプラスされています。万一利用する人が返済しない場合でも、債権を保証会社から回収できるため、回収できない場合も少なくなります。そのため、カードローンを低い金利でサービスできるということです。