カードローンから借入をしていないのに申込ブラックってどういうこと?

カードローンの申込をすると、審査を受けなければならないことは誰でも知っています。また、現在は総量規制のあることが周知されているため、年収の3分の1以上の借入を申込む人もいません。

ただ、消費者金融のカードローンの新規契約に申込む人の中には年収制限額に抵触していないからと、一度に次から次へとカードローンに申込む人がいます。

つまり、数打てば、どれかは貸してもらえるだろうと考えるからです。また、中には申込んだカードローンの中からサービスの良いものを選ぼうという人もいます。

ところが、それが却って仇となり、どこからもカードローンを利用できなくなる可能性があります。

それは、「申込ブラック」と判定されることで、審査からオミットされるためです。

申込ブラックって何のこと

カードローンのブラックと言うと、返済を延滞したり、債務整理をしたりするなどの返済に関することだと思っている人が少なくありませんが、実は申込におけるブラックもあります。

一度に何件ものカードローンに申込むと、消費者金融は申込者が『お金が無くて相当困っている人』、または『何か悪意を持って借入をしようとしている人』と判断します。

その結果、回収不能になる恐れから貸出を拒否するようになります。このように、複数のカードローンに申込をすることで審査からオミットされることを「申込ブラック」と呼ばれます。

申込ブラックの場合はあくまでも申込をしたという事実が問題であり、実際に借入をしたかどうかは関係ありません。

そのため、申込んだ人は『借入をしていないのに、何でどこの審査にも通らないんだ』と悩むようになります。

一般的に、1ヶ月間に3件以上のカードローンの申込をすると申込ブラックとなり、どの消費者金融においても審査から除外されます。

複数の申込が判明する理由

現在では、貸金業法によって全ての消費者金融は指定信用情報機関に加盟しています。

そして、カードローンの利用者の個人情報や契約内容、貸出金額、返済状況などの信用情報をすべて指定信用情報機関に登録しています。

また、貸金業法ではカードローンの新規申込を受けた場合、申込者の信用情報を指定信用情報機関に照会することを消費者金融に義務付けています。

そのため、審査においては申込者の全ての信用情報が貸出の判定材料になります。その際には申込情報も審査の対象に含まれます。

指定信用情報機関に登録されている信用情報

指定信用情報機関では、消費者金融から登録された以下の信用情報が一定の期間保管されます。

本人特定のための情報:契約継続期間 氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号など

契約内容に関する情報:解約後5年 業者名、契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額など

返済状況に関する情報:解約後5年 入金日、入金予定日、残高金額、完済日など

延滞情報:延滞継続中、または延滞解消後1年 基本的に3ヶ月以上の滞納

返済事故に関する情報:事故発生日から5年(債権譲渡は発生日から1年) 債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡など

契約申込に関する情報:申込日から6ヶ月 本人特定情報、並びに申込先、申込日、申込商品など

最後の「契約申込に関する情報」が申込ブラックの判定に利用されます。申込者がどの消費者金融にいつ、どのようなカードローンの申込をしたのかが一目で分かるようになっています。

この欄に、1ヶ月間に3つ以上のカードローンへの申込の記載があると、申込ブラックとなります。

申込ブラックにならない方法

基本的に1ヶ月に3つ以上申込まなければ申込ブラックになることはありません。

複数のカードローンを利用したい場合、1つに申込んだら翌月まで待てば、申込は可能です(年収制限額以内が前提)。

ただし、申込情報は6ヶ月間保管されるため、6ヶ月間に複数のカードローンに申込むと、場合によっては申込ブラックになる可能性があります。

カードローンのホームページには、『6ヶ月以内の複数回にわたるお申込みはできません』と掲載されているものがいくつかあります。

間違いが無いのは、2社のカードローンに申込んだ場合、6ヶ月が過ぎるまで新たな申込をしないことです。

まとめ

貸金業法による指定信用情報機関制度によって、カードローンの利用における全ての信用情報が指定信用情報機関に登録されています。それは、消費者金融による過剰な貸出から利用者を守るためでもあります。

信用情報にはあらゆる情報が含まれており、借入情報や返済情報だけではなく、中には単にカードローンに申込んだだけの情報もあります。

現在は貸金業法における規定によって、利用者への過剰な貸出が厳しく制限されています。利用者もそのことをわきまえて、安直なカードローンへの申込は控えることが必要です。

カードローンは借金であり、自由に使えるお金ではありません。